不妊は医療との併用で

やってはいけない10の不妊 > 不妊 > 不妊は医療との併用で

不妊は医療との併用で

不妊は医療との併用で取り組んだことを紹介します。

結婚してすぐに子供が欲しいと思っていましたが、なかなか思うように行かず不妊治療専門クリニックに通い始め、一通りの治療(タイミング、人工授精、体外受精)をするものの良い結果が出ず、体力的にも精神的にも辛くなり一度治療を中断し、鍼治療を始めました。

はじめは半信半疑でしたし、すぐに効果が得られるものではないので根気良く続ける事は必要ですが、週1回のペースで通い鍼やお灸をして頂いて、自宅でも毎日欠かさずお灸をしたり半身浴をしたりしていました。

鍼治療と言うと痛いのかなというイメージを持つ方もいらっしゃるかも知れませんが、実際は痛くも痒くもなく心地よくて眠ってしまうほどでした。

ちなみに私が通っていた鍼灸院は、子どもを授かりたいけどなかなか恵まれないという方が多く通っておられていました。

結局1年程クリニック通いを中断して鍼灸院に通いましたが、その後の体外受精で双子を授かる事ができました。

男性不妊サプリと合わせて行う治療の検査内容

不妊治療を続けていてもなかなか結果が出なければ、意地になったり中断するタイミングがわからなくなったりするのですが、私にとっては思い切る勇気と鍼治療が良い結果をもたらしてくれたと思います。